インプラント治療のメリット

インプラント治療のメリットについて整理します。なんといっても最大のメリットは、義歯をしっかりとあごの骨に固定できることです。インプラント治療では、残っている歯を削ったり、残っている歯に義歯を安定させるための器具を取り付けることはしないので、残っている健全な歯に負担をかけずに治療できるのもインプラント治療のメリットです。

インプラント治療の痛みはどうでしょうか?インプラントを埋入する際は局所麻酔を使います。場合によっては鎮静剤の静注により意識レベルを少し下げて施術を行うことも可能です。このような方法により、手術中に痛みを感じることなく、安心して施術を受けることができます。ただし麻酔効果は一定時間を過ぎると切れますので、手術後には鎮痛剤の服用が必要です。通常は数回程度の服用で痛みは治まる模様です。インプラント治療後の予後はどうでしょうか。

インプラント埋入後、当たり前なのですがインプラント部分が腫れます。手術の程度によってだいぶ違いますが、次第に腫れは引きます。通常の治療と同じですので心配の必要はないでしょう。手術ではあるのですが影響は限定的で早く収まると考えて差し支えありません。これもインプラント治療の手間を考えても影響の軽さはメリットの一つでしょう。